帚木 蓬生

Hahakigi Hosei

小説家一覧に戻る

Ver:profile_379

帚木蓬生の本

帚木 蓬生
(ははきぎ ほうせい)

帚木蓬生写真

Page Top

人物 / 略歴

帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい)

本名:森山 成彬(もりやま なりあきら)

福岡県小郡市に生まれる。

1947年(昭和22年)1月22日 生まれ。

◆ 2019年(令和元年)末 - 72歳。

◆ 略 歴

東京大学文学部仏文科卒業。

九州大学医学部卒卒業。

東京大学卒業後、TBSに勤務。

2年後に退職し、九州大学医学部を経て、精神科医に。

その傍らで、執筆活動に励む。

1979年、『白い夏の墓標』で注目を集める。

1992年(平成4年)、「三たびの海峡」で第14回吉川英治文学新人賞を受賞。

八幡厚生病院診療部長を務める。

2005年(平成17年)、福岡県中間市にて精神科・心療内科を開業。

開業医として活動しながら、執筆活動を続けている。

医学に関わる作品が多く、また自身(精神科医)の立場から「ギャンブル依存とたたかう」を上梓している。

2008年、たまたま受けた定期検査で急性骨髄性白血病に罹っていることが判明。

半年間の入院生活の後、復帰した。

特記事項

ペンネームは、「源氏物語」五十四帖の巻名「帚木(ははきぎ)」と「蓬生(よもぎう)」から。

◆ 主な受賞歴

◇ 1975年 - 『頭蓋に立つ旗』で第6回九州沖縄芸術祭文学賞
◇ 1990年 - 『賞の柩』で第3回日本推理サスペンス大賞佳作
◇ 1992年 - 『三たびの海峡』で第14回吉川英治文学新人賞
◇ 1995年 - 『閉鎖病棟』で第8回山本周五郎賞
◇ 1995年 - 福岡県文化賞
◇ 1997年 - 『逃亡』で第10回柴田錬三郎賞
◇ 2010年 - 『水神』で第29回新田次郎文学賞
◇ 2011年 - 『ソルハ』で第60回小学館児童出版文化賞
◇ 2012年 - 『蠅の帝国』『蛍の航跡』で第1回日本医療小説大賞
◇ 2013年 - 『日御子』で第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)
◇ 2018年 - 『守教』で第52回吉川英治文学賞
◇ 2018年 - 『守教』で第24回中山義秀文学賞

◆ 映像化作品

◆ テレビドラマ

◇ 空の色紙 - 1986年、読売テレビ
◇ アフリカの蹄 - 2002年、NHK

◆ 映 画

◇ 三たびの海峡 - 1995年11月11日公開
◇ いのちの海 Closed Ward - 2001年4月7日公開
◇ 閉鎖病棟(仮名) - 2019年11月公開予定

◆ A Related Words :
帚木蓬生の本/帚木蓬生 おすすめ/帚木蓬生 閉鎖病棟/帚木蓬生 水神/帚木蓬生 逃亡/帚木蓬生 受難/帚木蓬生 読み方/帚木蓬生 新刊/帚木蓬生 襲来/帚木蓬生 講演会/帚木蓬生 略歴/帚木蓬生 プロフィール

Mobile View / Desk Top