新野 剛志

Shinno Takeshi

小説家一覧に戻る

Ver:profile_281

新野剛志の本

只今、編集中

新野 剛志(しんの たけし)

新野剛志写真

Page Top

人物 / 略歴

新野 剛志(しんの たけし)

東京都出身

1965年(昭和40年)5月12日生まれ

◆ 2018年(平成30年)末 - 53歳

◆ 略 歴

立教大学社会学部卒業。

大学卒業後、旅行会社に就職。

6年近く勤務の後、突然退社し、失踪。

絶対に作家になるという目標だけを掲げてホームレス生活に入る。

ホームレス生活の間に書き上げた「八月のマルクス」で第45回江戸川乱歩賞(1999年度)を受賞。

その後、小説家として独立。

ホームレス時代もやりとりを続けていたという同じく元あぽやんの妻と結婚。

尚、「あぽやん」とは、旅行代理店に勤め、空港に異動した人々を指す旅行業界用語である。

2008年(平成20年)、心温まる空港物語「あぽやん」が第139回直木賞候補に挙がり注目を集めた。

2013年(平成25年)には、続編を含め「あぽやん~走る国際空港」のタイトルでTVドラマ化された。

近著に「ヘブン」「キングダム」「溺れる月」などがある。

特記事項

ホームレス生活を送り始めた頃に、江戸川乱歩賞受賞を決意したと告白している。

あぽやん」とは、空港のカウンター裏で起こる様々なトラブルを処理するプロ中のプロ。

旅行代理店に勤め、空港に異動した人々を指す旅行業界用語である。

◆ 主なシリーズ作品

◇ あぽやんシリーズ

◆ 主な作品

◇ 八月のマルクス - 1999年、講談社
◇ もう君を探さない - 2000年、講談社
◇ クラムジー・カンパニー - 2001年、講談社
◇ 罰 - 2002年、幻冬舎
◇ 月の見える窓 - 2003年、双葉社
◇ FLY - 2004年、文藝春秋
◇ 愛ならどうだ! - 2006年、双葉社
◇ 中野トリップスター - 2011年、新潮社
◇ 素人がいっぱい ラブホリックの事件簿 - 2012年、東京創元社
◇ パブリック・ブラザース - 2012年、双葉社
◇ 美しい家 - 2013年、2月 講談社
◇ カクメイ - 2013年、中央公論新社
◇ 明日の色 - 2015年、講談社
◇ キングダム - 2015年、幻冬舎
◇ 溺れる月 - 2016年、小学館
◇ 戦うハニー - 2016年、角川書店
◇ 僕の探偵 - 2016年、創元推理文庫
◇ 優しい街 - 2016年、双葉社

◆ A Related Words :
新野剛志おすすめ/新野剛志ヘブン/新野剛志 あぽやん/新野剛志 ホームレス/新野剛志 あぽやんシリーズ/新野剛志 略歴/新野剛志 プロフィール

Mobile View / Desk Top