大江 健三郎

Ohe Kenzaburo

小説家一覧に戻る

Ver:profile_225

大江健三郎の本

大江 健三郎
(おおえ けんざぶろう)

大江健三郎写真

Page Top

人物 / 略歴

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう)

愛媛県喜多郡内子町出身

1935年(昭和10年)1月31日生まれ

◆ 2017年(平成29年)末 - 82歳。

◆ 略 歴

東京大学文学部フランス文学科卒業。

大学在学中の1958年(昭和33年)、「飼育」で第39回(1958年度上半期)芥川賞を受賞(当時最年少の23歳)。

石原慎太郎、開高健とともに新世代の作家と目された。

知的障害者の長男(作曲家の大江光)との「個人的な体験」など、独自の世界観を作り上げた。

1994年(平成6年)、日本文学史上 二人目のノーベル文学賞を受賞。

主な長編作品に「芽むしり仔撃ち」、「個人的な体験」、「万延元年のフットボール」、「洪水はわが魂に及び」、「同時代ゲーム」、「新しい人よ眼ざめよ」、「懐かしい年への手紙」などがある。

また、独特の視座における発言が議論を呼ぶこともある。

特記事項

著作は英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語、スペイン語などに翻訳されているものも少なくない。

2006年、大江健三郎賞が創設された(講談社主催)が2014年で終了。

◆ 主な受賞歴

◇ 芥川龍之介賞 - 1958年
◇ 新潮社文学賞 - 1964年
◇ 谷崎潤一郎賞 - 1967年
◇ 野間文芸賞 - 1973年
◇ 読売文学賞 - 1983年
◇ 大佛次郎賞 - 1983年
◇ 川端康成文学賞 - 1984年
◇ 伊藤整文学賞 - 1990年
◇ ノーベル文学賞 - 1994年
◇ 朝日賞(1995年
◇ レジオンドヌール勲章(コマンドゥール) - 2002年

◆ 映画化作品

◇ われらの時代 - 1959年、 監督:蔵原惟繕
◇ 偽大学生 - 1960年、 監督:増村保造
◇ 飼育 - 1961年、 監督:大島渚
◇ 静かな生活 - 1995年、 監督:伊丹十三 音楽:大江光(長男)

◆ A Related Words :
大江健三郎ノーベル賞受賞作/大江健三郎全小説/大江健三郎 作品/大江健三郎 息子/大江健三郎 現在/大江健三郎 ノーベル賞/大江健三郎 飼育/大江健三郎 代表作/大江健三郎の息子/大江健三郎 おすすめ/大江健三郎 略歴/大江健三郎 プロフィール

Mobile View / Desk Top