森村 誠一

Morimura Seiichi

小説家一覧に戻る

Ver:profile_184

森村誠一の本

只今、編集中

森村 誠一
(もりむら せいいち)

森村誠一写真

Page Top

人物 / 略歴

森村 誠一(もりむら せいいち)

埼玉県熊谷市出身。

1933年(昭和8年)1月2日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 84歳。

◆ 略 歴

青山学院大学文学部英米文学科卒業。

在学中はハイキング部に所属し、山歩きに熱中。

卒業後、約9年間のホテル勤務を経験。

1965年、「サラリーマン悪徳セミナー」を母親の名前からとった雪代敬太郎というペンネームで出版し、作家デビュー。

34歳でビジネススクールの講師に転職の傍ら、執筆を続けた。

1969年(昭和44年)、ホテルを舞台にした本格ミステリー「高層の死角」で第15回江戸川乱歩賞を受賞。

翌年、「新幹線殺人事件」が60万部のヒットとなった。

1973年(昭和48年)、「腐蝕の構造」で第26回日本推理作家協会賞を受賞。

以降、棟居刑事シリーズ終着駅シリーズなどを生み出し、一躍、ベストセラー作家になった。

著作の累計発行部数は1億部を超える。

特記事項

映画化された「人間の証明」や、続く「野性の証明」は映画化を前提に、角川書店の角川春樹社長から依頼されて執筆したものである。

最近では写真俳句に関心を持ち、旅行時や散歩時もカメラを持ち歩いている。

◆ 受賞歴

◇ 1969年 - 『高層の死角』で第15回江戸川乱歩賞
◇ 1973年 - 『腐蝕の構造』で第26回日本推理作家協会賞
◇ 1974年 - 『空洞の怨恨』で第10回小説現代ゴールデン読者賞
◇ 1976年 - 『人間の証明』で第3回角川小説賞
◇ 2008年 - 『小説道場』で第10回加藤郁乎賞
◇ 2011年 - 『悪道』で第45回吉川英治文学賞

◆ シリーズ作品

★ 現代小説
◇ 棟居刑事シリーズ
◇ 証明三部作
◇ 異型シリーズ
◇ 悪魔の飽食シリーズ
◇ 社奴シリーズ
◇ 牛尾刑事・事件簿シリーズ
◇ 結婚シリーズ

★ 時代小説
◇ 青春の源流シリーズ
◇ 非道人別帳シリーズ
◇ 人間の剣シリーズ
◇ 刺客請負人シリーズ
◇ 暗殺請負人シリーズ
◇ 虹の刺客シリーズ
◇ 元禄赤穂事件もの
◇ 悪道シリーズ

◆ A Related Words :
森村誠一サスペンス/森村誠一 悪魔の飽食/森村誠一 終着駅シリーズ/森村誠一の棟居刑事/森村誠一 正義の証明/森村誠一 人間の証明/森村誠一 おすすめ/森村誠一 時/森村誠一の終着駅シリーズ/森村誠一 刑事の証明/森村誠一 略歴/森村誠一 プロフィール

Mobile View / Desk Top