伊集院 静

Ijuin Shizuka

Top Page

Ver:profile_103

伊集院静の本

只今、編集中

伊集院 静(いじゅういん しずか)

伊集院静写真

Page Top

人物 / 略歴

伊集院 静(いじゅういん しずか)

山口県防府市出身。

在日韓国人2世。

出生名は、趙 忠 來 (チョ・チュンレ)。

帰化後の日本名は、西山 忠来 (にしやま ただき)。

1950年(昭和25年)2月9日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 67歳。

◆ 略 歴

山口県立防府高等学校卒業。

立教大学文学部日本文学科卒業。

野球部に入部するも肘を壊したため途中で退部。

卒業後、広告代理店電通勤務を経て、コンサートツアーの演出などディレクターとして活躍。

電通時代に最初の夫人と結婚、二児をもうけるが、1980年に離婚。

1981年(昭和56年)、「皐月」を発表し作家デビュー。

1984年、女優の夏目雅子と7年の不倫交際の後再婚。

作詞家としても伊達歩(だて あゆみ)の名で活躍。

1987年(昭和62年)、「愚か者」(歌唱:近藤真彦)で第29回日本レコード大賞を受賞。

そのほか、「ギンギラギンにさりげなく」など多くのヒット曲がある。

1988年から文筆に専念。

1992年(平成4年)、「受け月」で第107回(1992年度上半期)直木賞を受賞。

同年8月、現在の妻で女優の篠ひろ子と再々婚。

映像化された作品も多く、現代の男女の世界を描いて定評がある。

特記事項

夏目雅子は1985年9月11日、急性骨髄性白血病のため27歳の若さで死去した。

参 照: 夏目 雅子さん死去
(link先:姉妹サイト)追悼の森

◆ 受賞歴

◇ 1991年 - 『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞
◇ 1992年 - 『受け月』で第107回直木賞
◇ 1994年 - 『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞
◇ 2001年 - 『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞
◇ 2014年 - 『ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石』で第18回司馬遼太郎賞
◇ 2016年 - 紫綬褒章

◆ 主な著書(2010年以降)

◇ 『志賀越みち』 - 光文社、 2010年
◇ 『お父やんとオジさん』 - 講談社、 2010年
◇ 『浅草のおんな』 - 文藝春秋、 2010年
◇ 『ホームオブゴルフ』 - 講談社文芸VISUAL、 2010年
◇ 『なぎさホテル』 - デジタルブックファクトリー、 2011年
◇ 『いねむり先生』 - 集英社、 2011年
◇ 『作家の遊び方』 - 双葉社、 2011年
◇ 『男の流儀入門』 - デジタルブックファクトリー、 2011年
◇ 『伊集院静の「贈る言葉」』 - 集英社、 2012年
◇ 『あなたに似たゴルファーたち』 - 文春文庫、2012年
◇ 『悩むが花 大人の人生相談』 - 文藝春秋、 2012年
◇ 『ガッツン!』 - 双葉社、 2013年
◇ 『逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方』 - 角川書店、 2013年
◇ 『旅だから出逢えた言葉』 - 小学館、 2013年
◇ 『ノボさん 小説正岡子規と夏目漱石』 - 講談社、 2013年
◇ 『大人の男の遊び方』 - 双葉社、 2014年
◇ 『銀座の花売り娘 二日酔い主義傑作選』 - 文春文庫、 2014年
◇ 『愚者よ、お前がいなくなって淋しくてたまらない』 - 集英社、 2014年
◇ 『それでも前へ進む』 - 講談社、 2014年
◇ 『となりの芝生』 - 文藝春秋、 2014年
◇ 『星月夜』 - 文春文庫、 2014年
◇ 『無頼のススメ』 - 新潮新書、 2015年

◆ 出演CM

トヨタ自動車 - 2009年 ~ 2010年

◆ A Related Words :
伊集院静 篠ひろ子/伊集院静 嫁/伊集院静 本/伊集院静 若い頃/伊集院静 名言/伊集院静 娘/伊集院静 田中好子/伊集院静の嫁/伊集院静 大人に流儀/伊集院静 新刊/伊集院静 略歴/伊集院静 プロフィール

Mobile View / Desk Top