井上 荒野Inoue Areno

Ver:profile_73

井上荒野の本

井上 荒野
(いのうえ あれの)

井上荒野写真

Page Top

人物 / 略歴

井上 荒野(いのうえ あれの)

東京都出身。

1961年(昭和36年)2月4日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 57歳。

◆ 略 歴

玉川学園高等部卒業。

成蹊大学文学部英米文学科卒業。

卒業後、小学館の近代文学全集編集部に3年間勤務。

1989年(平成元年)、「わたしのヌレエフ」でフェミナ賞受賞。

その後、体調不良などで小説が書けず、絵本の翻訳などに携わった。

2004年(平成16年)、「潤一」で第11回島清恋愛文学賞受賞。

2008年(平成20年)、「切羽へ」で第139回(2008年度上半期)直木賞受賞。

2011年(平成23年)、「そこへ行くな」で第6回中央公論文芸賞受賞。

2016年、「赤へ」で柴田錬三郎賞受賞。

近著に「ママがやった」や「赤へ」などがある。

特記事項

作家井上 光晴の長女である。

◆ 主な著書(初版:2010年以降)

◇ 『つやのよる』 - 2010年、新潮社

◇ 『もう二度と食べたくないあまいもの』 - 2010年、祥伝社

◇ 『ベッドの下のNADA』 - 2010年、文藝春秋

◇ 『ハニーズと八つの秘めごと』 - 2011年、小学館

◇ 『そこへ行くな』 - 2011年、集英社

◇ 『キャベツ炒めに捧ぐ』 - 2011年、角川春樹事務所

◇ 『だれかの木琴』 - 2011年、幻冬舎

◇ 『結婚』 - 2012年、角川書店

◇ 『夜をぶっとばせ』 - 2012年、朝日新聞出版

◇ 『さようなら、猫』 - 2012年、光文社

◇ 『それを愛とまちがえるから』 - 2013年、中央公論新社

◇ 『あなたにだけわかること』 - 2013年、講談社

◇ 『ほろびぬ姫』 - 2013年、新潮社

◇ 『夢のなかの魚屋の地図』 - 2014年、幻戯書房

◇ 『虫娘』 - 2014年、小学館

◇ 『荒野の胃袋』 - 2014年9月 潮出版社) - ショート・エッセイ集◇ 『悪い恋人』 - 2014年、朝日新聞出版

◇ 『リストランテアモーレ』 - 2015年、角川春樹事務所

◇ 『ママがやった = MAMA KILLED HIM』 - 2016年、文藝春秋

◇ 『赤へ』 - 2016年、祥伝社

◆ A Related Words :
井上荒野 結婚/井上荒野 父/井上荒野 小説家/井上荒野 おすすめ/井上荒野 夫/井上荒野 センター試験/井上荒野 キュウリいろいろ/井上荒野 ベーコン/井上荒野 新刊/井上荒野 よその島/井上荒野 略歴/井上荒野 プロフィール

Mobile View / Desk Top