恩田 陸Onda Riku

Ver:profile_2_bs_17_1

恩田陸の本

恩田 陸(おんだ りく)

恩田陸写真

Page Top

人物 / 略歴

恩田 陸(おんだ りく)

本名:熊谷 奈苗(くまがい ななえ)

青森県青森市生まれ、宮城県仙台市出身。

1964年(昭和39年)10月25日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 53歳。

◆ 略 歴

茨城県立水戸第一高等学校卒業。

1987年(昭和62年)、早稲田大学教育学部卒業。

生命保険会社のOLとして勤務しつつ作家活動を開始、入社後4年で退職した。

1991年(平成3年)、『六番目の小夜子』が第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となり、翌年の刊行をもって作家デビューを果たした。

2004年(平成16年)、『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞を受賞。

翌年、同作は第2回本屋大賞を受賞。

2007年(平成19年)、『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。

2017年(平成29年)、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、および、第14回本屋大賞を受賞。

同じ作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初である。

郷愁を誘う情景描写に巧みで「ノスタルジアの魔術師」と称される。

ジャンルの枠にとらわれず、SF、ミステリー、冒険小説、ホラー、青春小説、音楽小説など、そしてクロスジャンルの作品と、幅広く執筆している。

特記事項

両親とも宮城県仙台市出身で、現在も同市に実家がある。

◆ 受賞歴

◇ 2004年 - 第26回吉川英治文学新人賞『夜のピクニック』

◇ 2005年 - 第2回本屋大賞『夜のピクニック』

◇ 2006年 - 第59回日本推理作家協会賞『ユージニア』

◇ 2007年 - 第20回山本周五郎賞『中庭の出来事』

◇ 2017年 - 第156回直木三十五賞『蜜蜂と遠雷』

◇ 2017年 - 第14回本屋大賞『蜜蜂と遠雷』

◆ A Related Words :
恩田陸 おすすめ/恩田陸 蜜蜂と遠雷/恩田陸 作品/恩田陸 新刊/恩田陸 直木賞/恩田陸 夜のピクニック/恩田陸 ネバーランド/恩田陸 ドミノ/恩田陸 q&a/恩田陸 ダンデライオン/恩田陸 略歴/恩田陸 プロフィール

Mobile View / Desk Top