リリー・フランキー

Ver:profile_13_bs_06_1

リリー・フランキーの本

只今、編集中

リリー・フランキー

(Lily Franky)

リリー・フランキー写真

Page Top

人物 / 略歴

リリー・フランキー(Lily Franky)

本名は中川 雅也(なかがわ まさや)。

福岡県北九州市小倉に生まれる。

1963年(昭和38年)11月4日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 54歳。

◆ 略 歴

5歳から中学卒業までを福岡県宮若市、高校を大分県別府市で過ごした。

なお、高校生から一人暮らしをしていた。

大分県立芸術短期大学付属緑丘高等学校を経て、武蔵野美術大学卒業。

1994年から1999年まで、雑誌「ぴあ」誌上で「あっぱれB級シネマ」を連載し、広く知られるようになる。

のちに『日本のみなさんさようなら』として刊行。

リリメグのデビューシングル『おやすみ』での作詞&作曲をはじめ、数多くのアーティストへの作詞を提供。

2005年(平成17年)、初の長編小説『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』(扶桑社)を刊行。

「泣き顔を見られたくなければ電車で読むのは危険」などの口コミで、200万部を突破する大ベストセラーとなった。

同作は、2006年(第3回)本屋大賞を受賞。

更には、テレビドラマ化、松竹による映画化、舞台化がされた。

絵本作家としても、独特のタッチの絵で知られ、絵本作品『おでんくん』はアニメ化され、『天才ビットくん』(NHK教育テレビ)のアニメコーナーになっている。

2008年(平成20年)、映画『ぐるりのこと。』の演技が高く評価され、第51回ブルーリボン賞・新人賞を最高齢(45歳)で受賞。

マルチタレントで、イラストレーター、小説家、絵本作家、デザイナー、ミュージシャン、作詞家、作曲家、演出家、俳優など、非常に多種多才な顔を持つ。

特記事項

夜盲症である事を、ラジオ番組や講演会などあらゆる場所で告白している。

趣味は寝ることであり、公私共に認める遅刻魔。

かつて、千葉県鴨川市の『鴨川グランドホテル』にて、約1か月間バンド出演していた事がある。

◆ 主な著書

◇ 女子の生きざま - 1997年 - ぶんか社

◇ 誰も知らない名言集 - 1998年 - 情報センター出版局

◇ 美女と野球 - 1998年 - 河出書房新社

◇ 日本のみなさんさようなら - 1999年 - 情報センター出版局

◇ おでんくん~あなたの夢は何ですかの巻 - 2001年 - 小学館

◇ おでんくん2~愛ってなんですかの巻 - 2002年 - 小学館

◇ リリー&ナンシーの小さなスナック(ナンシー関共著) - 2002年 - 文藝春秋

◇ ボロボロになった人へ - 2003年 - 幻冬舎

◇ マムシのanan - 2003年 - マガジンハウス

◇ 東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ - 2005年 - 扶桑社

◇ エコラム - 2010年 - マガジンハウス

◆ A Related Words :
リリーフランキー 映画/リリーフランキー 死去/リリーフランキー 吉田鋼太郎/リリーフランキー 痩せた理由/リリーフランキー 結婚/リリーフランキー イラスト/リリーフランキー おでんくん/リリーフランキー 事務所/リリーフランキー cm/リリーフランキー 彼女/リリーフランキー 略歴/リリーフランキー プロフィール

Mobile View / Desk Top