松村 栄子Matsumura Eiko

Ver:profile_121

松村栄子の本

松村 栄子
(まつむら えいこ)

松村栄子写真

Page Top

人物 / 略歴

松村 栄子(まつむら えいこ)

本名は朝比奈 栄子

静岡県に生まれる。

1961年(昭和36年)7月3日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 56歳。

◆ 略 歴

福島県立磐城女子高等学校卒業。

筑波大学比較文化学類卒業。

同大学院教育学研究科中退。

出版社、コンピュータソフト商社などの勤務を経て、文筆に専念。

1990年(平成2年)、「僕はかぐや姫」で海燕新人文学賞を受賞。

また、同作品で三島由紀夫賞候補となり注目を集めた。

1992年(平成4年)、「至高聖所(アバトーン)」で第106回(1991年度下半期)芥川賞を受賞。

他の作品に自身の趣味である茶道を題材とした「雨にもまけず粗茶一服」や「風にもまけず粗茶一服」などがある。

2006年の大学入試センター試験(国語)において、「僕はかぐや姫」の一節が採用・出題された。

特記事項

夫は万葉学者で京都光華女子大学教授の朝比奈英夫。

1993年より京都在住。

◆ 著書(小説)

◇ 『僕はかぐや姫』1991年、福武書店

◇ 『至高聖所(アバトーン)』 - 1992年、福武書店

◇ 『セラヴィ』 - 1992年、福武書店

◇ 『あの空の色』 - 1992年、マガジンハウス

◇ 『紫の砂漠』 - 1993年、新潮社

◇ 『001にやさしいゆりかご』 - 1995年、

◇ 『あした、旅人の木の下で』 - 1997年、角川書店

◇ 『生誕』 - 1999年、朝日新聞社

◇ 『詩人の夢』 - 2001年、ハルキ文庫

◇ 『Talkingアスカ』 - 2007年、ジャイブ ピュアフル文庫

◆ 粗茶一服シリーズ

◇ 『雨にもまけず粗茶一服』 - 2004年、マガジンハウス

◇ 『風にもまけず粗茶一服』 - 2010年、マガジンハウス

◆ A Related Words :
松村栄子 新刊/松村栄子 僕はかぐや姫/松村栄子 雨にもまけず粗茶一服/松村栄子 至高聖所/松村栄子 芥川賞/松村栄子 略歴/松村栄子 プロフィール

Mobile View / Desk Top