荻野 アンナOgino Anna

Ver:profile_120

荻野アンナの本

只今、編集中

荻野 アンナ
(おぎの あんな)

荻野アンナ写真

Page Top

人物 / 略歴

荻野 アンナ(おぎの あんな)

本名は荻野 安奈

出生名はアンナ・ガイヤール

父はアメリカ人、母は洋画家の江見絹子。

小学生時代に日本へ帰化し、荻野姓となる。

神奈川県横浜市に生まれる。

1956年(昭和31年)11月7日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 61歳。

◆ 略 歴

フェリス女学院高等学校(横浜市)卒業。

慶應義塾大学文学部仏文科卒業。

卒業後、フランス政府給費留学生として、パリ第4大学に留学。

論文「ラブレーにおけるコミックとコスミック」で博士号を取得。

慶應義塾大学大学院博士課程修了。

1991年(平成3年)、「背負い水」で第105回(1991年度上半期)芥川賞を受賞。

2002年4月より慶應義塾大学文学部文学系仏文学専攻教授。

2002年、「ホラ吹きアンリの冒険」で読売文学賞を受賞。

2007年(平成19年)、フランス教育功労賞シュヴァリエ叙勲。

同年、内閣官房「美しい国づくり」プロジェクト・企画会議委員に選出された。

2008年、「蟹と彼と私」で第19回伊藤整文学賞を受賞。

近著に「カシス川」や「電気作家」などがある。

特記事項

2005年には落語家の11代目金原亭馬生に弟子入り。

2009年以降、金原亭駒ん奈(二つ目)として高座に上がっている。

2012年(平成24年)5月末、大腸がんの開腹手術を受ける。

◆ 著書 / 単著(2000年以降)

◇ 『ホラ吹きアンリの冒険』 - 文藝春秋 2001年

◇ 『けなげ』 - 岩波書店 2002年

◇ 『とんとん拍子』 - 清流出版 2002年

◇ 『アンナのエネルギー観光』 - エイ出版社 2004年

◇ 『ラブレーで元気になる』 - みすず書房 2005年

◇ 『蟹と彼と私』 - 集英社 2007年

◇ 『殴る女』 - 集英社 2010年

◇ 『働くアンナの一人っ子介護』 - グラフ社 2009年

◇ 『えろたま』 - 中央公論新社 2013年

◇ 『電気作家』 - ゴマブックス 2015年

◇ 『カシス川』 - 文藝春秋 2017年

◆ A Related Words :
荻野アンナ 現在/荻野アンナ 母 脅迫/荻野アンナ 夫/荻野アンナ 母/荻野アンナ 事実婚/荻野アンナ 本/荻野アンナ ブログ/荻野アンナ 介護/荻野アンナ 脅迫/荻野アンナ うつ/荻野アンナ 略歴/荻野アンナ プロフィール

Mobile View / Desk Top