佐伯 泰英

Saeki Yasuhide

小説家一覧に戻る

Ver:profile_413

佐伯泰英の本

佐伯 泰英
(さえき やすひで)

佐伯泰英写真

Page Top

人物 / 略歴

佐伯 泰英(さえき やすひで)

小説家、写真家。

福岡県北九州市八幡西区に生まれる。

1942年(昭和17年)2月14日生まれ。

◆ 2019年(令和元年)末 - 77歳。

◆ 略 歴

日本大学藝術学部映画学科卒業。

1971年(昭和46年)より1974年までスペインに滞在。

のちに、スペインと闘牛を題材にした「闘牛はなぜ殺されるか」などの作品を発表。

スペイン語圏を舞台にした良質のミステリー小説を数多く執筆するが、ヒットに恵まれなかった。

この時、編集者からの勧めもあり、作家として生き残りを図るべく、時代小説への転身を決断。

1999年(平成11年)、初の書き下ろし時代小説「瑠璃の寺」を発表。

同作は、発売1週間で重版がかかるヒットとなった。

以後、「密命」シリーズをはじめ、数々の人気シリーズを発表。

2014年(平成26年)、初のエッセイ「惜櫟荘だより」で日本建築学会文化賞を受賞。

2018年(平成30年)、第66回菊池寛賞を受賞。

文庫書き下ろし時代小説」という、新たなジャンルを確立、出版界を活性化させたことが授賞理由とされる。

特記事項

実家は新聞販売店で、折尾駅構内で新聞販売などを行なっていた。

闘牛士を追う写真家としても名高い。

2010年11月29日、ある対談において、前立腺癌の治療している事を語っている。

◆ 主なシリーズ系作品

◇ 警視庁国際捜査班シリーズ
◇ 密命シリーズ
◇ 秘剣シリーズ
◇ 夏目影二郎始末旅シリーズ
◇ 古着屋総兵衛影始末シリーズ
◇ 新・古着屋総兵衛シリーズ
◇ 吉原裏同心シリーズ
◇ 鎌倉河岸捕物控シリーズ
◇ 長崎絵師通吏辰次郎シリーズ
◇ 居眠り磐音シリーズ
◇ 酔いどれ小籐次留書シリーズ
◇ 交代寄合伊那衆異聞シリーズ
◇ 空也十番勝負シリーズ

◆ A Related Words :
佐伯泰英新刊情報/佐伯泰英 作品一覧/佐伯泰英通信/佐伯泰英 空也/佐伯泰英 酔いどれ小藤次/佐伯泰英 居眠り磐音/佐伯泰英 照降町/佐伯泰英 新刊/佐伯泰英 吉原裏同心/佐伯泰英新刊情報予定/佐伯泰英 略歴/佐伯泰英 プロフィール

Mobile View / Desk Top