梨木 香歩

Nashiki Kaho

小説家一覧に戻る

Ver:profile_402

梨木香歩の本

梨木 香歩(なしき かほ)

梨木香歩写真

Page Top

人物 / 略歴

梨木 香歩(なしき かほ)

鹿児島県出身。

児童文学作家、絵本作家、小説家。

1959年(昭和34年)生まれ。

◆ 2019年(令和元年)末 - 60歳。

◆ 略 歴

同志社大学卒業。

イギリスに留学し、児童文学者のベティ・モーガン・ボーエンに師事。

1995年(平成7年)、「西の魔女が死んだ」で第28回 日本児童文学者協会新人賞を受賞。

同作は、第13回 新美南吉児童文学賞、第44回 小学館児童出版文化賞を受賞。

2005年(平成17年)、「家守綺譚」が第2回 本屋大賞にノミネートされる。

2006年、「沼地のある森を抜けて」で第16回紫式部文学賞を受賞。

ノーベル文学賞受賞作家・マルケス著「百年の孤独」を愛読書の1つにしている。

マルケス全小説(新潮社刊)の同作の解説を担当。

近著に「椿宿の辺りに」、「やがて満ちてくる光の」などがある。

特記事項

カヤックの愛好者である。

時に宗教への思いが強く表れるが、特定の宗教には帰依していない。

◆ 主な受賞歴

◇ 『西の魔女が死んだ』で第28回 日本児童文学者協会新人賞
◇ 『西の魔女が死んだ』で第13回 新美南吉児童文学賞
◇ 『西の魔女が死んだ』で第44回 小学館児童出版文化賞
◇ 『裏庭』で第1回 児童文学ファンタジー大賞
◇ 『家守綺譚』で2005年度 本屋大賞にノミネート
◇ 『沼地のある森を抜けて』で第5回 センス・オブ・ジェンダー賞大賞
◇ 『沼地のある森を抜けて』で第16回紫式部文学賞
◇ 『渡りの足跡』で第62回 読売文学賞(随筆・紀行部門)

◆ A Related Words :
梨木香歩 公式ホームページ/梨木香歩 息子/梨木香歩 おすすめ/梨木香歩作品集/梨木香歩 家守綺譚/梨木香歩 新刊/梨木香歩 裏庭/梨木香歩 ピスタチオ/梨木香歩 海うそ/梨木香歩 西の魔女/梨木香歩 略歴/梨木香歩 プロフィール

Mobile View / Desk Top