早見 和真

Hayami Kazumasa

小説家一覧に戻る

Ver:profile_396

早見和真の本

早見 和真
(はやみ かずまさ)

早見和真写真

Page Top

人物 / 略歴

早見 和真(はやみ かずまさ)

神奈川県横浜市出身。

1977年(昭和52年)7月15日生まれ。

◆ 2019年(令和元年)末 - 42歳。

◆ 略 歴

桐蔭学園高等学校卒業。

國學院大學文学部中退。

高校在学中は硬式野球部に所属(2年先輩に高橋由伸がいる)。

大学在学中、雑誌『AERA』や、『Sportiva』『月刊PLAYBOY』『SPA !』などでライターとして活動。

2003年入社予定で新聞社への内定が決まっていたが、留年の末に退学したため取り消しとなってしまう。

自暴自棄に陥るが、旧知の出版社の編集者から小説の執筆を薦めらる。

2008年(平成20年)、「ひゃくはち」(集英社)を刊行し、小説デビューを果たす。

2015年(平成27年)、「イノセント・デイズ」で第68回日本推理作家協会賞を受賞。

2016年3月、愛媛県松山市に移住(妻、娘と暮らす)。

2018年4月、愛媛県を舞台に描く創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」を、愛媛新聞にて連載開始。

2020年(令和2年)、「店長はバカすぎて」が本屋大賞ノミネート作品に挙がる。

特記事項

デビュー作「ひゃくはち」は、『月刊ヤングジャンプ』にて、山本隆之により漫画化された。

◆ 主な著書

◇ ひゃくはち - 2008年、6月 集英社
◇ スリーピング★ブッダ - 2010年、角川書店
◇ 砂上のファンファーレ - 2011年、幻冬舎
◇ 改題;ぼくたちの家族 - 2013年、幻冬舎文庫
◇ 東京ドーン - 2012年、講談社
◇ 6 シックス - 2012年、毎日新聞社
◇ ポンチョに夜明けの風はらませて - 2013年、祥伝社
◇ イノセント・デイズ - 2014年、新潮社
◇ 95 - 2015年、角川書店
◇ 小説王 - 2016年、小学館
◇ 神さまたちのいた街で - 2017年、幻冬舎

◆ 映像化作品

◆ 映 画

◇ ひゃくはち - 2008年8月9日公開
◇ ぼくたちの家族 - 2014年5月24日公開
◇ ポンチョに夜明けの風はらませて - 2017年10月28日公開

◆ テレビドラマ

◇ イノセント・デイズ - 2018年3月18日~4月22日、WOWOW
◇ 小説王 - 2019年4月23日~7月2日、フジテレビ

◆ A Related Words :
早見和真 おすすめ/早見和真 ロイヤルファミリー/早見和真 イノセントデイズ/早見和真 新作/早見和真 競馬/早見和真 95/早見和真 松山/早見和真 小説王/早見和真 ひゃくはち/早見和真 略歴/早見和真 プロフィール

Mobile View / Desk Top