木村 友祐

Kimura Yusuke

小説家一覧に戻る

Ver:profile_392

木村友祐の本

木村 友祐
(きむら ゆうすけ)

木村友祐写真

Page Top

人物 / 略歴

木村 友祐(きむら ゆうすけ)

青森県八戸市出身。

1970年(昭和45年)9月18日生まれ。

◆ 2019年(令和元年)末 - 49歳。

◆ 略 歴

青森県立八戸北高等学校卒業。

日本大学藝術学部文芸学科卒業。

2009年(平成21年)、「海猫ツリーハウス」で第33回すばる文学賞を受賞。

2014年よりはじまった「鉄犬ヘテロトピア文学賞」の選考委員をつとめる。

2019年(令和元年)、「幼な子の聖戦」で第162回芥川賞候補に挙がる。

特記事項

作品の大半は故郷八戸市をはじめ東北地方を舞台としており、南部弁を用いて書くことが多い。

兄はオブジェ作家の木村勝一。

◆ 主な受賞候補歴

◇ 2012年(平成24年)、『イサの氾濫』で第25回三島由紀夫賞候補
◇ 2014年(平成26年)、『聖地Cs』で第36回野間文芸新人賞候補
◇ 2016年(平成28年)、『イサの氾濫』で第38回野間文芸新人賞候補
◇ 2019年(令和元年)、『幼な子の聖戦』で第162回芥川龍之介賞候補

◆ 主な著書

◇ 『海猫ツリーハウス』 - 2010年、集英社
◇ 『聖地Cs』 - 2014年、新潮社
◇ 『イサの氾濫』 - 2016年、未來社
◇ 『野良ビトたちの燃え上がる肖像』 - 2016年、新潮社
◇ 『幸福な水夫』 - 2017年、未來社
◇ 『幼な子の聖戦』 - 2020年、集英社

◆ A Related Words :
木村友祐 新刊/木村友祐 おすすめ/木村友祐 芥川ノミネート/木村友祐 芥川候補/木村友祐 幼な子の聖戦/木村友祐 略歴/木村友祐 プロフィール

Mobile View / Desk Top