水生 大海

Mizuki Hiromi

小説家一覧に戻る

Ver:profile_369

水生大海の本

水生 大海(みずき ひろみ)

水生大海写真

Page Top

人物 / 略歴

水生 大海(みずき ひろみ)

三重県鈴鹿郡関町(現:亀山市)に生まれる。

愛知県在住。

誕生日:非公開。

◆ 2018年(平成30年)末 - ★歳。

◆ 略 歴

1995年(平成7年)、漫画家として秋田書店からデビュー。

2008年、「少女たちの羅針盤」で第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作を受賞。

翌年、原書房より刊行され小説家としてデビュー。

2011年(平成23年)、同作は映画化された。

近著に「最後のページをめくるまで」「僕はいつも巻きこまれる」「17×63 鷹代航は覚えている」などがある。

特記事項

2014年、短編「五度目の春のヒヨコ」が第67回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補作に挙がる。

◆ 映像化作品(映画)

◇ 少女たちの羅針盤 - 2011年5月14日公開

◆ A Related Words :
水生大海 おすすめ/水生大海 新刊/水生大海 男/水生大海 少女たちの羅針盤/水生大海 漫画本/水生大海 略歴/水生大海 プロフィール

Mobile View / Desk Top