深木 章子

Miki Akiko

小説家一覧に戻る

Ver:profile_355

深木章子の本

深木 章子(みき あきこ)

深木章子写真

Page Top

人物 / 略歴

深木 章子(みき あきこ)

東京都出身。

1947年(昭和22年)生まれ。

◆ 2018年(平成30年)末 - 71歳。

◆ 略 歴

東京大学法学部卒業。

1973年(昭和48年)から弁護士(東京弁護士会所属)として活動。

60歳を機にリタイア、執筆活動を開始。

2010年、「鬼畜の家」で第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。

翌年、同作で小説家デビュー。

2013年、「衣更月家の一族」で第13回本格ミステリ大賞(小説部門)の候補作となる。

2014年、「螺旋の底」で第14回本格ミステリ大賞(小説部門)の候補作となる。

特記事項

◆ 主な著書

◇ 鬼畜の家 - 2011年、原書房
◇ 衣更月家の一族 - 2012年、原書房
◇ 螺旋の底 - 2013年、原書房
◇ 殺意の構図 探偵の依頼人 - 2013年、光文社
◇ 敗者の告白 弁護士睦木怜の事件簿 - 2014年、KADOKAWA
◇ 交換殺人はいかが ? - 2015年、光文社
◇ ミネルヴァの報復 - 2015年、原書房
◇ 猫には推理がよく似合う - 2016年、KADOKAWA
◇ 消人屋敷の殺人 - 2017年、新潮社
◇ 消えた断章 - 2018年、光文社

◆ A Related Words :
深木章子 読書メーター/深木章子 おすすめ/深木章子 弁護士/深木章子 最新刊/深木章子/深木章子 略歴/深木章子 プロフィール

Mobile View / Desk Top