飛 浩隆

Tobi Hirotaka

小説家一覧に戻る

Ver:profile_340

飛浩隆の本

飛 浩隆(とび ひろたか)

飛浩隆写真

Page Top

人物 / 略歴

飛 浩隆(とび ひろたか)

島根県出身

1960年(昭和35年)生まれ

◆ 2018年(平成30年)末 - 58歳。

◆ 略 歴

島根県立松江南高等学校卒業。

島根大学卒業。

1981年、大学在学中に「ポリフォニック・イリュージョン」で三省堂SFストーリーコンテスト入選。

同作は翌年、『SFマガジン』に掲載され、デビュー作となる。

以降、『SFマガジン』誌上で中短編10作品を発表する。

1992年(平成4年)の「デュオ」を最後に、2002年まで作品の発表が途絶える。

2002年(平成14年)、「グラン・ヴァカンス / 廃園の天使 - I」を刊行。

2005年、「象られた力」で第36回星雲賞(日本短編部門)を受賞。

同年、「象られた力」で第26回日本SF大賞を受賞。

2007年、「ラギッド・ガール 廃園の天使II」で第6回センス・オブ・ジェンダー賞を受賞。

2010年(平成22年)、「自生の夢」で第41回星雲賞(日本短編部門)を受賞。

2015年、「海の指」で第46回星雲賞(日本短篇部門)を受賞。

2017年、「自生の夢」で第38回日本SF大賞を受賞。(2度目の受賞)

2019年、「零號琴」で第50回星雲賞(日本長編部門)を受賞。

特記事項

2016年度から日本SF大賞選考委員を務める。

◆ 主なシリーズ作品

◇ 廃園の天使シリーズ

◆ A Related Words :
飛浩隆 零號琴/飛浩隆 海の指/飛浩隆 略歴/飛浩隆 プロフィール

Mobile View / Desk Top