高樹 のぶ子

Takagi Nobuko

小説家一覧に戻る

Ver:profile_2_309

高樹のぶ子の本

高樹 のぶ子
(たかぎ のぶこ)

高樹のぶ子写真

Page Top

人物 / 略歴

高樹 のぶ子(たかぎ のぶこ)

本名:鶴田 信子(つるた のぶこ)

山口県防府市出身。

1946年(昭和21年)4月9日生まれ。

◆ 2018年(平成30年)末 - 72歳。

◆ 略 歴

東京女子大学短期大学部教養科卒業。

出版社 株式会社培風館に勤務。

1980年、文芸雑誌「文學界」に「その細き道」を発表。

1983年(昭和58年)、「光抱く友よ」で第90回芥川賞を受賞。

以降、「蔦燃」や「水脈」、「透光の樹」、「トモスイ」などの作品で多くの文学賞を受賞。

2017年現在は芥川賞、日経小説大賞、朝日賞の選考委員を務めている。

2017年、旭日小綬章受章。2018年、文化功労者。

特記事項

父は山口大学で生物学を教えていた高木恭介。

1971年、学生時代から交際していた男性と結婚。

1974年、福岡へ転居、男子を出産。

1978年、自身の恋愛のため離婚し子との接触を禁じられる。

1980年、鶴田哲朗と再婚

◆ 受賞歴 / 褒章

◇ 1984年 - 『光抱く友よ』で芥川賞
◇ 1994年 - 『蔦燃』で島清恋愛文学賞
◇ 1995年 - 『水脈』で女流文学賞
◇ 1999年 - 『透光の樹』で谷崎潤一郎賞
◇ 2006年 - 『HOKKAI』で芸術選奨文部大臣賞
◇ 2009年 - 紫綬褒章受勲
◇ 2010年 - 『トモスイ』で川端康成文学賞
◇ 2017年 - 日本芸術院賞
◇ 2017年 - 旭日小綬章受章
◇ 2018年 - 文化功労者

◆ 主な著書(2000年以降)

◇ 『百年の預言』朝日新聞社、2000年
◇ 『燃える塔』新潮社、20012000年
◇ 『満水子』講談社、20012000年
◇ 『妖しい風景』講談社 2001年
◇ 『エフェソス白恋』文化出版局 2002年
◇ 『罪花』文藝春秋 2003年
◇ 『ナポリ魔の風』文藝春秋、2003年
◇ 『マイマイ新子』マガジンハウス 2004年
◇ 『高樹のぶ子book ロング&~』マガジンハウス 2005年
◇ 『HOKKAI』新潮社、2005年
◇ 『Fantasia』文藝春秋 2006年
◇ 『せつないカモメたち』朝日新聞社 2006年
◇ 『うまくいかないのが恋』幻冬舎、2008年
◇ 『甘苦上海』日本経済新聞社、2009年
◇ 『ショパン 奇蹟の一瞬~』PHP研究所、2010年
◇ 『甘苦上海 完結版』日本経済新聞出版社 2010年
◇ 『花迎え』小学館 2010年
◇ 『飛水』講談社、2010年
◇ 『トモスイ』新潮社、2011年
◇ 『アジアに浸る』文藝春秋、2011年
◇ 『マルセル』毎日新聞社、2012年
◇ 『香夜』集英社、2013年
◇ 『少女霊異記』文藝春秋、2014年
◇ 『オライオン飛行』講談社 2016年
◇ 『白磁海岸』小学館 2017年
◇ 『ほとほと 歳時記ものがたり』毎日新聞出版 2019年

◆ 映画化作品

◇ 波光きらめく果て - 1986 藤田敏八監督
◇ 霧の子午線 - 1996 出目昌伸監督
◇ 透光の樹 - 2004 根岸吉太郎監督
◇ マイマイ新子と千年の魔法 - 2009 片渕須直監督

◆ A Related Words :
高樹のぶ子 代表作/高樹のぶ子 夫/高樹のぶ子 ほとほと/高樹のぶ子 画像/高樹のぶ子 子供/高樹のぶ子 ブログ/高樹のぶ子 業平/高樹のぶ子 マルセル/高樹のぶ子 おすすめ/高樹のぶ子ほとほと/高樹のぶ子 略歴/高樹のぶ子 プロフィール

Mobile View / Desk Top