高山 羽根子

Takayama Haneko

小説家一覧に戻る

Ver:profile_2_305

高山羽根子の本

高山 羽根子
(たかやま はねこ)

高山羽根子写真

Page Top

人物 / 略歴

高山 羽根子(たかやま はねこ)

富山県に生まれる。

1975年(昭和50年)生まれ。

◆ 2018年(平成30年)末 - 43歳。

◆ 略 歴

多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。

2009年、「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞佳作を受賞。

2014年、短編集「うどん キツネつきの」を刊行。

2015年、短編「おやすみラジオ」が第46回星雲賞参考候補作に選出。

同年、短編集「うどん キツネつきの」が第36回日本SF大賞最終候補に選出。

2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞大賞を受賞。

2019年、「居た場所」で第160回芥川賞候補。

2019年、「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」で第161回芥川賞候補。

特記事項

元気がなくなると、つい観てしまうのがコーエン兄弟制作のコメディ映画「オー・ブラザー!」である。

実験用の水棲ガエルを飼っている。

◆ 主な著書

◇ 『うどん キツネつきの』 - 創元日本SF叢書、2014年
◇ 『オブジェクタム』 - 朝日新聞出版、2018年
◇ 『居た場所』 - 河出書房新社、2019年

◆ A Related Words :
高山羽根子/高山羽根子 略歴/高山羽根子 プロフィール/高山羽根子 芥川賞候補/高山羽根子 うどん キツネつきの

Mobile View / Desk Top