菅 浩江

Suga Hiroe

小説家一覧に戻る

Ver:profile_301

菅浩江の本

菅 浩江(すが ひろえ)

菅浩江写真

Page Top

人物 / 略歴

菅 浩江(すが ひろえ)

京都府京都市に生まれる

1963年(昭和38年)4月21日生まれ

◆ 2018年(平成30年)末 - 55歳

◆ 略 歴

追手門学院大学(大阪府茨木市)中退。

1981年(昭和56年)、短編「ブルー・フライト」が、SF雑誌「SF宝石」(光文社刊)に掲載されデビュー。

1992年(平成4年)、「メルサスの少年」で第23回星雲賞(日本長編部門)を受賞。

1993年、短編「そばかすのフィギュア」で第24回星雲賞(日本短編部門)を受賞。

2001年、「永遠の森 博物館惑星」で第54回日本推理作家協会賞(長編 / 連作短編集部門)を受賞。

2001年、「永遠の森 博物館惑星」で第32回星雲賞(日本長編部門)を受賞。

日本舞踊の名取で、電子オルガン講師の資格も持つ。

PC用ゲームの作曲を担当するなど、多芸である。

特記事項

夫はガイナックス(アニメ制作会社)統括本部長の武田康廣。

日本推理作家協会会員。

本格ミステリ作家クラブ会員。

宇宙作家クラブ会員。

日本SF作家クラブ会員(2014年に退会)。

◆ 主な作品

◇ 『ゆらぎの森のシエラ』 - 1989年、ソノラマ文庫
◇ 『〈柊の僧兵〉記』 - 1990年、ソノラマ文庫
◇ 『歌の降る星』 - 1990年、角川
◇ 『うたかたの楽園』 - 1991年、角川
◇ 『鷺娘-京の闇舞-』 - 1991年、ソノラマ文庫
◇ 『メルサスの少年 螺旋の街の物語』 - 1991年、新潮社
◇ 『オルディコスの三使徒』(3部作)
◇ 『雨の檻』 - 1993年、ハヤカワ文庫
◇ 『暁のビザンティラ』 - 1993年、ログアウト冒険文庫
◇ 『氷結の魂』 - 1994年、トクマ・ノベルズ
◇ 『不屈の女神 ゲッツェンディーナー』 - 1995年、角川
◇ 『アンパン的革命』 - 1995年、アスペクト
◇ 『鬼女の都』 - 1996年、祥伝社
◇ 『末枯れの花守り』 - 2002年、角川書店
◇ 『永遠の森 博物館惑星』 - 2000年、早川書房
◇ 『夜陰譚』 - 2001年、光文社
◇ 『アイ・アム I am.』 - 2001年、祥伝社
◇ 『五人姉妹』 - 2002年、早川書房
◇ 『歌の翼に ピアノ教室は謎だらけ』 - 2003年、祥伝社
◇ 『プレシャス・ライアー』 - 2006年、カッパ・ノベルス
◇ 『おまかせハウスの人々』 - 2006年、講談社
◇ 『そばかすのフィギュア』 - 2007年、ヤカワ文庫
◇ 『プリズムの瞳』 - 2007年、東京創元社
◇ 『カフェ・コッペリア』 - 2008年、早川書房
◇ 『誰に見しょとて』 - 2013年、早川書房
◇ 『放課後のプレアデス みなとの星宙』 - 2015年、一迅社
◇ 『GEAR「ギア」Another Day 五色の輪舞』 - 2016年、出版ワークス

◆ A Related Words :
菅浩江 ガイナックス/菅浩江 SF作家/菅浩江 略歴/菅浩江 プロフィール

Mobile View / Desk Top