椎名 誠

Shina Makoto

小説家一覧に戻る

Ver:profile_285

椎名誠の本

只今、編集中

椎名 誠(しいな まこと)

椎名誠写真

Page Top

人物 / 略歴

椎名 誠(しいな まこと)

作家、エッセイスト、写真家、映画監督

東京都世田谷区三軒茶屋に生まれる

1944年(昭和19年)6月14日生まれ

◆ 2018年(平成30年)末 - 74歳

◆ 略 歴

千葉市立千葉高等学校卒業。

東京写真大学(現:東京工芸大学)中退。

1965年(昭和40年)、代々木の演劇学校に通い脚本を学ぶ。

1966年(昭和41年)、現:ストアーズ社に入社し「調査月報」の編集に携わる。

1968年、渡辺一枝と結婚(一男一女をもうける)。

1969年、ストアーズ社より「ストアーズレポート」を創刊し編集長に就任。

1980年、ストアーズ社を退職し、私小説、SF小説、エッセイなどを多数発表。

1987年(昭和62年)、株式会社椎名誠事務所設立。

1989年、「犬の系譜」で第10回吉川英治文学新人賞を受賞。

1990年(平成2年)、「アド・バード」で第11回日本SF大賞を受賞。

1993年、映画「あひるのうたがきこえてくるよ」で第10回山路ふみ子映画文化賞を受賞。

2011年(平成23年)8月、ネット・ミュージアム「椎名誠 旅する文学館」が開館。

近著に「本の夢 本のちから」「旅先のオバケ」「おなかがすいたハラペコだ。」などがある。

特記事項

妻の渡辺一枝はエッセイストで、チベットについての本など、多数の著書がある。

◆ 受賞歴

◇ 『犬の系譜』 - 1988年度、第10回吉川英治文学新人賞
◇ 『アド・バード』 - 1990年、第11回日本SF大賞
◇ 『あひるのうたが聞こえてくるよ。』 - 1993年、 第10回山路ふみ子映画文化賞
◇ 『白い馬』 - 1995年、 JRA賞馬事文化賞
◇ 『白い馬』 - 1996年、EARTH VISION 地球環境映像祭 環境教育映像賞
◇ 『白い馬』 - 1996年、第5回日本映画批評家大賞 最優秀監督賞
◇ 『白い馬』 - 1997年、ボーヴェ映画祭 グランプリ
◇ 『白い馬』 - 1997年、ポーランド子ども映画祭 特別賞

◆ 映像化作品

◆ 映画
◇ 白い手 - 1990、監督:神山征二郎
◇ 息子 - 1991、監督:山田洋次
◇ 怖がる人々 - 1994、 監督:和田誠
◇ 中国の鳥人 - 1998、監督:三池崇史
◇ BLUES HARP - 1998、監督:三池崇史
◇ たどんとちくわ - 1998、 監督:市川準
◇ ぱいかじ南海作戦 - 2012、 監督:細川徹
◆ テレビドラマ
◇ 新橋烏森口青春篇 - 1988、 NHK
◇ 悶え苦しむ活字中毒者 地獄の味噌蔵 - 1990、関西テレビ
◇ 犬たちとボクの日々 - 1990、 NHK
◇ よろこびの渦巻 - 1992、 関西テレビ
◇ 胃袋を買いに - 1992、 関西テレビ

◆ 出演CM

◇ EDWIN
◇ サントリー生ビール

◆ A Related Words :
椎名誠 現在/椎名誠 新刊/椎名誠 本/椎名誠 息子/椎名誠 講演会/椎名誠 旅する文学館/椎名誠 娘/椎名誠 教科書/椎名誠 映画/椎名誠 岳物語/椎名誠 略歴/椎名誠 プロフィール

Mobile View / Desk Top