宮内 悠介

Miyauchi Yusuke

小説家一覧に戻る

Ver:profile_274

宮内悠介の本

只今、編集中

宮内 悠介
(みやうち ゆうすけ)

宮内悠介写真

Page Top

人物 / 略歴

宮内 悠介(みやうち ゆうすけ)

東京都に生まれる

1979年(昭和54年)1月18日生まれ。

◆ 2018年(平成30年)末 - 39歳。

◆ 略 歴

早稲田大学第一文学部英文科卒業。

在学中、ワセダミステリクラブに所属。

大学卒業後、インド、アフガニスタンなどを放浪。

ワセダミステリクラブOBで構成する創作同人誌「清龍」に参加、創作活動をつづける。

2010年(平成22年)、「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞 山田正紀賞を受賞。

2012年、連作短編集「盤上の夜」を刊行し、単行本デビュー。

SFと純文学をジャンル横断的に活動する作家として注目を浴びる。

史上初めて芥川賞、直木賞、三島由紀夫賞、山本周五郎賞全ての候補作に挙がった。

特記事項

日本SF作家クラブ会員。日本推理作家協会会員。

◆ 文学賞受賞 / 候補歴

◇ 2010年 - 「盤上の夜」で第1回創元SF短編賞山田正紀賞
◇ 2012年 - 「スペース金融道」で第43回星雲賞 参考候補
◇ 2012年 - 「盤上の夜」で第147回直木三十五賞候補
◇ 2012年 - 「盤上の夜」で第33回日本SF大賞
◇ 2013年 - 第6回(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞
◇ 2013年 - 「青葉の盤」で第66回日本推理作家協会賞 候補
◇ 2013年 - 「盤上の夜」で第44回星雲賞 参考候補
◇ 2013年 - 「ヨハネスブルグの天使たち」で第149回直木三十五賞候補
◇ 2013年 - 「ヨハネスブルグの天使たち」で第34回日本SF大賞特別賞
◇ 2016年 - 「アメリカ最後の実験」で第29回山本周五郎賞候補
◇ 2016年 - 「カブールの園」で第156回芥川龍之介賞候補
◇ 2017年 - 「彼女がエスパーだったころ」で第38回吉川英治文学新人賞
◇ 2017年 - 「カブールの園」で第30回三島由紀夫賞
◇ 2017年 - 「あとは野となれ大和撫子」で第157回直木三十五賞候補
◇ 2017年 - 「ディレイ・エフェクト」で第158回芥川龍之介賞候補
◇ 2018年 - 「あとは野となれ大和撫子」で第49回星雲賞

◆ 主な作品(単行本)

◇ 盤上の夜 - 2012年,東京創元社
◇ ヨハネスブルグの天使たち - 2013年,早川書房
◇ エクソダス症候群 - 2015年,東京創元社
◇ アメリカ最後の実験 - 2016年,新潮社
◇ 彼女がエスパーだったころ - 2016年,講談社
◇ スペース金融道 - 2016年,河出書房新社
◇ 月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿 - 2016年、光文社
◇ カブールの園 - 2017年、文藝春秋
◇ あとは野となれ大和撫子 - 2017年、KADOKAWA
◇ ディレイ・エフェクト - 2018年、文藝春秋
◇ 超動く家にて 宮内悠介短編集 - 2018年、東京創元社

◆ A Related Words :
宮内悠介 盤上の夜/宮内悠介 超動く家にて/宮内悠介 芥川賞/宮内悠介 直木賞/宮内悠介 略歴/宮内悠介 プロフィール

Mobile View / Desk Top