貫井 徳郎

Nukui Tokuro

小説家一覧に戻る

Ver:profile_272

貫井徳郎の本

只今、編集中

貫井 徳郎
(ぬくい とくろう)

貫井徳郎写真

Page Top

人物 / 略歴

貫井 徳郎(ぬくい とくろう)

東京都渋谷区に生まれる

1968年(昭和43年)2月25日生まれ

◆ 2018年(平成30年)末 - 50歳。

◆ 略 歴

早稲田大学商学部卒業。

高校一年生の頃から小説を書き始めた。

各公募型文学賞に応募するも、予選を通過することはなかった。

1992年12月31日付で、勤めていた不動産会社を退社。

1993年(平成5年)、失業期間に書いた「慟哭」が第4回鮎川哲也賞の最終候補作となる。

受賞は逃すが、東京創元社から推理小説シリーズ「黄金の13」の一作として刊行され作家デビュー。

2010年(平成22年)、「後悔と真実の色」で第23回山本周五郎賞を受賞。

同年、「乱反射」で第63回日本推理作家協会賞を受賞。

さまざまな分野や手法に挑んだ意欲的な作品を、次々と発表している。

特記事項

妻は同じく推理作家の加納 朋子

◆ 文学賞受賞 / 候補歴

◇ 1993年 - 『慟哭』で第4回鮎川哲也賞候補
◇ 1997年 - 『子を思う闇』で第50回日本推理作家協会賞候補
◇ 2005年 - 『追憶のかけら』で第58回日本推理作家協会賞候補
◇ 2006年 - 『愚行録』で第135回直木賞候補
◇ 2009年 - 『乱反射』で第141回直木賞候補
◇ 2010年 - 『乱反射』で第63回日本推理作家協会賞
◇ 2010年 - 『後悔と真実の色』で第23回山本周五郎賞
◇ 2012年 - 『新月譚』で第147回直木賞候補
◇ 2014年 - 『私に似た人』で第151回直木賞候補

◆ 主な映像化作品

◆ 映画
◇ 愚行録 - 2017年2月18日公開
◆ テレビドラマ
◇ 長く孤独な誘拐 - 2004年、TBS系
◇ 殺人は難しい - 2011年、NHK
◇ 憑かれる - 2011年、フジテレビ系
◇ 灰色の虹 - 2012年、テレビ朝日系
◇ 悪党たちは千里を走る・全10話 - 2016年1月20日~、TBS系
◇ 犯罪症候群 Season1 - 2017年4月8日~ 全8話、東海テレビ
◇ 犯罪症候群 Season2 - 2017年6月11日~ 全4話、東海テレビ
◇ 乱反射 - 2018年、名古屋テレビ・テレビ朝日系

◆ A Related Words :
貫井徳郎 おすすめ/貫井徳郎 ランキング/貫井徳郎 慟哭/貫井徳郎 乱反射/貫井徳郎 新刊/貫井徳郎 微笑む人/貫井徳郎 プリズム/貫井徳郎 崩れる/貫井徳郎 空白の叫び/貫井徳郎 新月譚/貫井徳郎 略歴/貫井徳郎 プロフィール

Mobile View / Desk Top