伊東 潤

Ito Jun

小説家一覧に戻る

Ver:profile_266

伊東潤の本

只今、編集中

伊東 潤(いとう じゅん)

伊東潤写真

Page Top

人物 / 略歴

伊東 潤(いとう じゅん)

神奈川県横浜市に生まれる

1960年(昭和35年)6月24日生まれ

◆ 2018年(平成30年)末 - 58歳。

◆ 略 歴

早稲田大学卒業。

卒業後、日本IBM(株)をはじめとした外資系企業に勤務。

2003年(平成15年)、「戦国関東血風録」でデビュー。

2006年に独立し、コンサルティング会社の経営の傍ら、執筆活動を続ける。

2007年(平成19年)、「武田家滅亡」(角川書店)にてメジャーデビュー。

2010年(平成22年)、専業作家として活動を開始。

緻密な歴史考証によるリアリティー溢れる作風を持ち味としている。

新時代の歴史小説の担い手として注目を集めつつある。

近著に「真実の航跡」「歴史作家の城めぐり」「天下の茶」などがある。

特記事項

日本推理作家協会会員。

かつてはアマチュア・ウィンドサーファーでもあり、各種レース入賞の実績も持つ。

◆ 主な受賞歴

◇ 2011年 - 『黒南風の海』で本屋が選ぶ時代小説大賞2011
◇ 2012年 - 『国を蹴った男』で第34回吉川英治文学新人賞
◇ 2013年 - 『義烈千秋 天狗党西へ』で第2回歴史時代作家クラブ賞作品賞
◇ 2013年 - 『巨鯨の海』で第4回山田風太郎賞
◇ 2014年 - 『峠越え』で第20回中山義秀文学賞

◆ A Related Words :
伊東潤 おすすめ/伊東潤 新刊/伊東潤 文庫/伊東潤 東進/伊東潤二/伊東潤 乾電池/伊東潤二コレクション/伊東潤新刊/情報伊東潤twitter/伊東潤 略歴/伊東潤 プロフィール

Mobile View / Desk Top