中山 七里

Nakayama Shichiri

小説家一覧に戻る

Ver:profile_248

中山七里の本

只今、編集中

中山 七里
(なかやま しちり)

中山七里写真

Page Top

人物 / 略歴

中山 七里(なかやま しちり)

男性小説家、推理作家

岐阜県出身

1961年(昭和36年)12月16日生まれ

◆ 2018年(平成30年)末 - 57歳

◆ 略 歴

花園大学文学部国文学科卒業(京都市)。

幼稚園に入る前から常に本を読むような子供であった。

中学生の頃には、アガサ・クリスティーなどのミステリの有名どころはほとんど読み終えていた。

大学時代、「謝罪」というタイトルで東大の安田講堂の落城の話を書き、江戸川乱歩賞に応募したところ予選を通過。

その後、就職とともに創作からは一旦離れる。

2009年(平成21年)、「さよならドビュッシー」で第8回 このミステリーがすごい!大賞を受賞。

48歳での小説家デビューとなった。

当初は会社員との兼業だったが、連載を6本抱えるまでになったため、専業作家となる。

近著に「総理にされた男」「静おばあちゃんと要介護探偵」「作家刑事毒島」などがある。

特記事項

ペンネームは故郷の近くにある渓谷・中山七里(飛騨木曽川国定公園)にちなんでつけられた。

私生活では、エレクトーン教師の妻と息子と娘の4人家族である。

◆ 主なシリーズ作品

◇ 岬洋介シリーズ
◇ 御子柴礼司シリーズ
◇ 刑事犬養隼人シリーズ
◇ 「ヒポクラテス」シリーズ

◆ A Related Words :
中山七里さん作品/中山七里 新刊/中山七里 おすすめ/中山七里 御子柴シリーズ/中山七里さん/中山七里 岬洋介シリーズ/中山七里 渡瀬シリーズ/中山七里 岐阜/中山七里 犬養シリーズ/中山七里 橋幸夫/中山七里 略歴/中山七里 プロフィール

Mobile View / Desk Top