丸谷 才一

Maruya Saiichi

小説家一覧に戻る

Ver:profile_224

丸谷才一の本

丸谷 才一
(まるや さいいち)

丸谷才一写真

Page Top

人物 / 略歴

丸谷 才一(まるや さいいち)

山形県鶴岡市馬場町に生まれる

1925年(大正14年)8月27日 ~ 2012年(平成24年)10月13日

享年 87歳

参 照: 丸谷 才一 さん死去
(LINK先:姉妹サイト)追悼の森

◆ 略 歴

東京大学文学部英文科卒業。

医師・丸谷熊次郎と、その妻・千(せん)の次男として誕生。

旧制:新潟高等学校在学中、学徒動員により山形歩兵第32連隊への入営。

大学卒業後、東京都立北園高等学校講師を務めた。

1952年(昭和27年)、季刊同人雑誌「秩序」を創刊。

1967(昭和42年)年、「笹まくら」で河出文化賞を受賞。

1968年(昭和43年)、「年の残り」で第59回(1968年度上半期)芥川賞を受賞。

以降、谷崎潤一郎賞、読売文学賞、野間文芸賞、川端康成文学賞など、多くの文学賞を受賞。

2011年(平成23年)11月、文化勲章が授与された。

2012年(平成24年)10月13日、心不全のため東京都内の病院で死去。87歳没。

特記事項

私生活では、1954年10月、東大英文科の同級生・根村絢子と結婚(一男をもうける)。

村上春樹の才能を早くから見いだし、生前に村上のノーベル文学賞の受賞祝辞を用意していた。

◆ 受賞歴

芥川龍之介賞 - 1968年、「年の残り」
◇ 谷崎潤一郎賞 - 1972年、「たった一人の反乱」
◇ 読売文学賞 - 1974年、「後鳥羽院」
◇ 野間文芸賞 - 1985年、「忠臣蔵とは何か」
◇ 川端康成文学賞 - 1988年、「樹影譚」
◇ 芸術選奨 - 1990年、「光る源氏の物語」
◇ 大佛次郎賞 - 1999年、「新々百人一首」
◇ 菊池寛賞 - 2001年
◇ 泉鏡花文学賞 - 2003年、「輝く日の宮」
◇ 朝日賞 - 2004年
◇ 読売文学賞 - 2010年、「若い藝術家の肖像」
◇ 文化勲章 - 2011年

◆ A Related Words :
丸谷才一 おすすめ/丸谷才一 共産党/丸谷才一 エッセイ/丸谷才一 笹まくら/丸谷才一 文章読本/丸谷才一全集/丸谷才一を読む/丸谷才一笹まくら/丸谷才一 略歴/丸谷才一 プロフィール

Mobile View / Desk Top