永井 路子

Nagai Michiko

小説家一覧に戻る

Ver:profile_217

永井路子の本

永井 路子(ながい みちこ)

永井路子写真

Page Top

人物 / 略歴

永井 路子(ながい みちこ)

本名:黒板 擴子(くろいた ひろこ)

現:東京都文京区に生まれる

1925年(大正14年)3月31日生まれ

◆ 2017年(平成29年)末 - 92歳。

◆ 略 歴

東京女子大学国語専攻部卒業。

1949年(昭和24年)、小学館に入社。

女学生の友」や「マドモアゼル」などの編集に従事する傍ら、歴史小説を執筆。

また、「近代説話」の同人となり、歴史に対する独特の視点で同誌に発表した作品は有名であった。

1961年(昭和36年)、小学館を退社して文筆に専念。

1964年(昭和39年)、「炎環」で第52回(1964年度下半期)直木賞を受賞。

1984年(昭和59年)、歴史小説に新風をもたらしたとして菊池寛賞を受賞。

一部の作品は、NHK大河ドラマの「草燃える」や「毛利元就」に原作として使用された。

特記事項

私生活では、1949年(昭和24年)に歴史学者の黒板伸夫と結婚。

◆ 主な受賞歴 / その他

◇ 1964年 - 『炎環』で第52回直木賞
◇ 1982年 - 『氷輪』で第21回女流文学賞
◇ 1984年 - 菊池寛賞
◇ 1984年 - 第33回神奈川文化賞
◇ 1988年 - 『雲と風と』ほか、第22回吉川英治文学賞
◇ 1997年 - NHK放送文化賞、茨城県特別功績章
◇ 1997年 - 茨城県特別功績章
◇ 1998年 - 鎌倉市名誉市民
◇ 2003年 - 古河市名誉市民
◇ 2006年 - 第7回和島誠一賞(文化財保存全国協議会)
◇ 2008年 - 第50回毎日芸術賞
◇ 2016年 - 第27回大衆文学研究賞(早乙女貢基金)

◆ A Related Words :
永井路子 現在/永井路子 歴史小説/永井路子 作品/永井路子 おすすめ/永井路子旧宅/永井路子歴史小説全集/永井路子 この世をば/永井路子の本/永井路子掲示板/永井路子 略歴/永井路子 プロフィール

Mobile View / Desk Top