藤本 義一

Fujimoto Giichi

小説家一覧に戻る

Ver:profile_214

藤本義一の本

藤本 義一
(ふじもと ぎいち)

藤本義一写真

Page Top

人物 / 略歴

藤本 義一(ふじもと ぎいち)

本名の読み:よしかず

大阪府堺市出身

小説家、放送作家

1933年(昭和8年)1月26日 ~ 2012年(平成24年)10月30日

享年79歳

参 照: 藤本 義一 さん死去
(LINK先:姉妹サイト)追悼の森

◆ 略 歴

大阪府立大学経済学部卒業。

1945年(昭和20年)5月に航空機搭乗員養成所に入るが終戦となる。

大学在学中から劇作家を志し、数十編のラジオドラマなどの脚本を書いていた。

1957年(昭和32年)、ラジオドラマ作品「つばくろの歌」で芸術祭文部大臣賞戯曲部門を受賞。

早くからその才能は高く評価され「東の井上ひさし、西の藤本義一」と呼ばれるほどであった。

1958年(昭和33年)、タレントの藤本 統紀子と結婚。

大学卒業後、宝塚映画撮影所、続いて大映で脚本を手がけた。

1965年から始めた「11PM」のキャスターを担当し、一躍知名度を高めた。

1968年(昭和43年)に長編小説第1作「残酷な童話」を発表。

1974年(昭和49年)、「鬼の詩」で第71回(1974年度上半期)直木賞を受賞。

以降、文芸作品からエッセイ、社会評論などの著作を多数発表する。

一方で関西を中心にテレビコメンテーター演芸評論家として活動を続けた。

◆ 病気と死

2011年(平成23年)春に中皮腫を患っていることがわかり、余命は1年と宣告された。

2011年10月30日、肺がんのため兵庫県西宮市内の病院で死去。79歳没。

特記事項

日本放送作家協会関西支部長や、プロ作家を育成する心斎橋大学総長も務めた。

夫人はタレントの藤本統紀子

次女はアーティストのフジモト芽子

◆ 出演CM

◇ カゴメ - 1979年
◇ 龍角散
◇ トヨタ自動車 - 1997年
◇ アデランス - 1990年
◇ 福屋工務店

◆ A Related Words :
藤本義一 死因/藤本義一文学賞/藤本義一 嫁/藤本義一 ダウンタウン/藤本義一の嫁/藤本義一 娘/藤本義一の書斎/藤本義一 アスベスト/藤本義一 さんま/藤本義一 家族/藤本義一 略歴/藤本義一 プロフィール

Mobile View / Desk Top