つか こうへい

Tsuka Kohei

小説家一覧に戻る

Ver:profile_211

つかこうへいの本

つか こうへい
Tsuka Kohei

つかこうへい写真

Page Top

人物 / 略歴

つか こうへい(Tsuka Kohei)

本名:金 峰雄(キム・ボンウン)

日本国内での通名:金原峰雄

在日韓国人2世(国籍は大韓民国)

現:福岡県嘉麻市牛隈に生まれる。

1948年(昭和23年)4月24日 ~ 2010年(平成22年)7月10日

享年62歳

参 照: つか こうへい さん死去
(LINK先:姉妹サイト)追悼の森

◆ 略 歴

慶應義塾大学文学部哲学科中退。

在日韓国人2世として誕生(三男一女の二男)。

大学在学中に演劇活動を始め、若者の熱狂的な支持を得てつかブームを巻き起こした。

1982年(昭和57年)、「蒲田行進曲」で第86回(1981年度下半期)直木賞を受賞。

同作は深作欣二監督で映画化され大ヒットした。

一時、執筆業に専念。

1994年(平成6年)、東京都北区と協力し、「北区つかこうへい劇団」を創設。

日本で初めて行政のバックアップを受けた劇団として多くの関心を集めた。

その後、北海道演劇人育成セミナーを開設するなど、演劇育成に尽力し精力的な活動を続けた。

代表作に「熱海殺人事件」、「蒲田行進曲」、「二代目はクリスチャン」、「幕末純情伝」などがある。

2010年(平成22年)7月10日、肺がんのため千葉県鴨川市の病院で死去。享年62歳。

◆ 病名公表 / 遺書

2010年1月に自ら肺ガンに罹患していることを公表。

最期のメッセージ(2010年1月1日付)を事務所スタッフに託していた。

「娘に日本と韓国の間、対馬海峡あたりで散骨してもらおうと思っています」などと綴った文言が公表された。

特記事項

私生活では、1980年に熊谷真実と結婚(1982年に離婚)。

1983年に元つか劇団の女優・生駒直子と再婚(一女をもうけた)。

生駒との一人娘は、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役・愛原 実花(本名:生駒みな子)。

◆ 主な受賞歴

◇ 1974年 - 第18回岸田國士戯曲賞
◇ 1976年 - 第14回ゴールデン・アロー賞演劇賞
◇ 1980年 - 第15回紀伊國屋演劇賞団体賞
◇ 1982年 - 第86回直木賞
◇ 1983年 - 第6回日本アカデミー賞最優秀脚本賞
◇ 1990年 - 第42回読売文学賞
◇ 2007年 - 紫綬褒章
◇ 2010年7月10日 - 旭日小綬章(追贈)

◆ A Related Words :
つかこうへい劇団/つかこうへい 娘/つかこうへいの娘/つかこうへい 画像/つかこうへい 草なぎ剛/つかこうへい 死因/つかこうへい 熱海殺人事件/つかこうへい 舞台/つかこうへい事務所/つかこうへい 嫁/つかこうへい 略歴/つかこうへい プロフィール

Mobile View / Desk Top