佐藤 愛子

Sato Aiko

小説家一覧に戻る

Ver:profile_202

佐藤愛子の本

佐藤 愛子(さとう あいこ)

佐藤愛子写真

Page Top

人物 / 略歴

佐藤 愛子(さとう あいこ)

大阪市出身。

1923年(大正12年)11月5日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 94歳。

◆ 略 歴

現:甲南女子高等学校(神戸市東灘区)卒業。

作家の佐藤 紅緑、女優の三笠 万里子の次女として生まれる。

詩人のサトウハチローは異母兄。

1950年(昭和25年)、「青い果実」でデビュー。

その後、「ソクラテスの妻」や「二人の女」「加納大尉夫人」などで注目を集めた。

また、2度の離婚や借金返済、不倫騒動など波乱万丈の人生は執筆活動にも活かされた。

1969年(昭和44年)、「戦いすんで日が暮れて」で第61回(1969年度上半期)直木賞を受賞。

2014年(平成26年)、91歳で作家人生最後の作品と位置付けた長編小説「晩鐘」を刊行。

特記事項

2度の離婚の後、プロ野球の別当薫(女学生時代の憧れの人でもあった)と不倫関係となる。

近年は自身の心霊体験に基づく著作も多い。

◆ 受賞 / 候補歴

◇ 1950年 - 『青い果実』でデビュー
◇ 1963年度上半期 - 『ソクラテスの妻』で芥川賞候補
◇ 1963年度下半期 - 『二人の女』で芥川賞候補
◇ 1964年度上半期 - 『加納大尉夫人』で直木賞候補
◇ 1969年 - 『戦いすんで日が暮れて』で直木賞受賞
◇ 1979年 - 『幸福の絵』で女流文学賞受賞
◇ 2000年 - 『血脈』で菊池寛賞受賞
◇ 2015年 - 『晩鐘』で紫式部文学賞受賞
◇ 2017年4月 - 旭日小綬章受章

◆ A Related Words :
佐藤愛子 本/佐藤愛子 夫/佐藤愛子 娘/佐藤愛子 女優/佐藤愛子 柔道/佐藤愛子 私の遺言/佐藤愛子 リボン/佐藤愛子 新刊/佐藤愛子 血脈 あらすじ/佐藤愛子 晩鐘/佐藤愛子 略歴/佐藤愛子 プロフィール

Mobile View / Desk Top