五木 寛之

Itsuki Hiroyuki

小説家一覧に戻る

Ver:profile_201

五木寛之の本

五木 寛之
(いつき ひろゆき)

五木寛之写真

Page Top

人物 / 略歴

五木 寛之(いつき ひろゆき)

旧姓は松延(まつのぶ)。

福岡県八女市に生まれる。

1932年(昭和7年)9月30日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 85歳。

◆ 略 歴

早稲田大学第一文学部露文学科中退。

幼少期、父の勤務で朝鮮半島に渡り、終戦後に福岡県に引き揚げた。

少年時代は、父から古典の素読や剣道、詩吟を教えられた。

1965年に結婚するが、夫人の親類の五木家に跡継ぎがなく五木姓を名乗る。

1966年(昭和41年)、「さらばモスクワ愚連隊」で小説現代新人賞を受賞。

1967年(昭和42年)、「蒼ざめた馬を見よ」で第56回(1966年度下半期)直木賞を受賞。

1998年(平成10年)には「大河の一滴」がベストセラーとなり、映画化された。

代表作「青春の門」は、少年時代に住んだ筑豊を舞台に第八部まで書き継がれる大作となった。

特記事項

1966年には馬淵玄三をモデルにした小説「艶歌」を発表。音楽ジャンル「演歌」の確立に大きくかかわる。

◆ 受賞歴

◇ 1966年 - 『さらばモスクワ愚連隊』で第6回小説現代新人賞
◇ 1967年 - 『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞
◇ 1970年 - 「鳩のいない村」(キングレコード)で日本作詞家協会賞作品賞
◇ 1976年 - 『青春の門・筑豊編』で第10回吉川英治文学賞
◇ 2002年 - 菊池寛賞
◇ 2004年 - 仏教伝道文化賞
◇ 2009年 - NHK放送文化賞
◇ 2010年 - 『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞
◇ 2015年 - 第57回日本レコード大賞・功労賞

◆ A Related Words :
五木寛之 百寺巡礼/五木寛之 講演会 2018/五木寛之 孤独のすすめ/五木寛之 本/五木寛之 家族/五木寛之 青春の門/五木寛之 親鸞/五木寛之の百寺巡礼/五木寛之 新刊/五木寛之 若い頃/五木寛之 略歴/五木寛之 プロフィール

Mobile View / Desk Top