黒川 博行

Kurokawa Hiroyuki

小説家一覧に戻る

Ver:profile_47

黒川博行の本

黒川 博行
(くろかわ ひろゆき)

黒川博行写真

Page Top

人物 / 略歴

黒川 博行(くろかわ ひろゆき)

愛媛県今治市に生まれる。

1949年(昭和24年)3月4日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 68歳。

◆ 略 歴

京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。

大阪府立高校の美術教師となる。

1983年(昭和58年)、「度のお別れ」で第1回サントリーミステリー大賞に入選、小説家デビュー。

1986年(昭和61年)、「キャッツアイころがった」で第4回サントリーミステリー大賞を受賞。

その後、警察小説やハードボイルド小説で好評を博し注目を集めた。

2014年(平成26年)、「破門」で(2014年度上半期)第151回直木賞を受賞。

候補になること6作、初めての候補から、実に18年を経ての栄冠であった。

候補作となった5作品「カウント・プラン」、「疫病神」、「文福茶釜」、「国境」、「悪果」など。

特記事項

6歳の頃に大阪に移り住んだ(大阪府羽曳野市在住)。

妻は日本画家の黒川雅子

◆ 受賞・候補歴

◇ 1983年 - 「二度のお別れ」で第1回サントリーミステリー大賞佳作
◇ 1984年 - 「雨に殺せば」で第2回サントリーミステリー大賞佳作
◇ 1986年 - 「キャッツアイころがった」で第4回サントリーミステリー大賞受賞
◇ 1988年 - 「河豚の記憶」で第41回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)候補
◇ 1992年 - 「封印」で第14回吉川英治文学新人賞候補
◇ 1996年 - 「カウント・プラン」で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)受賞
◇ 1996年 - 「カウント・プラン」で第116回直木三十五賞候補
◇ 1997年 - 「疫病神」で第19回吉川英治文学新人賞候補、第117回直木三十五賞候補
◇ 1999年 - 「文福茶釜」で第121回直木三十五賞候補
◇ 2001年 - 「国境」で第126回直木三十五賞候補
◇ 2007年 - 「悪果」で第138回直木三十五賞候補
◇ 2014年 - 「破門」で第151回直木三十五賞受賞

◆ A Related Words :
黒川博行 疫病神シリーズ/黒川博行 新刊/黒川博行 おすすめ/黒川博行 喧嘩/黒川博行 国境/黒川博行新刊/黒川博行 勁草/黒川博行 破門/黒川博行 暗礁/黒川博行 映画/黒川博行 略歴/黒川博行 プロフィール

Mobile View / Desk Top