荻原 浩

Hiroshi Ogiwara

Top Page

Ver:profile_35

荻原浩の本

只今、編集中

荻原 浩(おぎわら ひろし)

荻原浩写真

Page Top

人物 / 略歴

荻原 浩(おぎわら ひろし)

埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身。

1956年(昭和31年)6月30日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 61歳。

◆ 略 歴

埼玉県立大宮高等学校を経て、成城大学経済学部卒業卒業。

広告代理店勤務を経て、フリーのコピーライターとして独立。

39歳のときに小説を書き始めた。

1997年、「オロロ畑でつかまえて」で第10回小説すばる新人賞を受賞し小説家デビュー。

2003年(平成15年)、コピーライターを廃業し専業作家になる。

2005年、「明日の記憶」が第2回本屋大賞の第2位にランクイン。

同作は、第18回山本周五郎賞に輝く。

また、同作品は、2006年、渡辺謙の主演で映画化された。

2016年(平成28年)、「海の見える理髪店」で第155回 直木賞を受賞。

作品は、サラリーマンやその退職者を主人公としたものなど幅広い。

特記事項

2006年に映画化された「明日の記憶」は、俳優の渡辺謙がその内容に深く感動。自ら原作者の荻原に「映画化させてほしい」と手紙で懇願したというエピソードが残っている。

◆ 受賞・候補歴

◇ 1997年 - 『オロロ畑でつかまえて』で第10回小説すばる新人賞受賞。
◇ 2003年 - 『コールドゲーム』で第16回山本周五郎賞候補。
◇ 2005年 - 『明日の記憶』で第2回本屋大賞第2位、第18回山本周五郎賞受賞。
◇ 2005年 - 『お母様のロシアのスープ』で第58回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。
◇ 2006年 - 『あの日にドライブ』で第134回直木三十五賞候補。
◇ 2007年 - 『四度目の氷河期』で第136回直木三十五賞候補。
◇ 2008年 - 『愛しの座敷わらし』で第139回直木三十五賞候補。
◇ 2011年 - 『砂の王国』で第144回直木三十五賞候補。
◇ 2014年 - 『二千七百の夏と冬』で第5回山田風太郎賞受賞。
◇ 2016年 - 『海の見える理髪店』で第155回直木三十五賞受賞。

◆ A Related Words :
荻原浩 おすすめ/荻原浩 新刊/荻原浩 噂/荻原浩 海の見える理髪店/荻原浩 直木賞/荻原浩 ユニバーサル広告社/荻原浩 家族写真/荻原浩 作品/荻原浩 コールドゲーム/荻原浩 メリーゴーランド/荻原浩 略歴/荻原浩 プロフィール

Mobile View / Desk Top