大藪 春彦

Ohyabu Haruhiko

小説家一覧に戻る

Ver:profile_185

大藪春彦の本

只今、編集中

大藪 春彦
(おおやぶ はるひこ)

大藪春彦写真

Page Top

人物 / 略歴

大藪 春彦(おおやぶ はるひこ)

朝鮮・京城府(現:大韓民国ソウル特別市)に生まれる。

1935年(昭和10年)2月22日 ~ 1996年(平成8年)2月26日

享年61歳。

参 照: 大藪 春彦さん死去
(LINK先:姉妹サイト)追悼の森

◆ 略 歴

高松第一高等学校卒業。

早稲田大学教育学部英語英文学科中退。

1935年2月22日、朝鮮・京城府(ソウル)に生まれる。父は教師。

1946年(昭和21年)、終戦後、朝鮮半島北部の新義州より共同で闇船を雇い帰国。

香川県善通寺の祖母の家へ身を寄せる。

1952年、高松第一高等学校に入学。

1956年、早稲田大学教育学部英文科へ入学(ワセダミステリクラブに入部)。

◆ 作家、小説家としてデビュー

1958年(昭和33年) - 早稲田在学中に処女作「野獣死すべし」を大学同人誌「青炎」に発表。

同作は、推理小説雑誌「宝石」に掲載され大反響を呼んだ。

日本ハードボイルド小説の新進作家として脚光を浴びる。

1959年、「街が眠る時」、「野獣死すべし」が映画化され一躍、流行作家となった。

代表作に「蘇える金狼」、「汚れた英雄」などがある。

◆ 死 去

1996年(平成8年)2月26日、東京都世田谷区の自宅で肺炎のため死去。享年61歳。

特記事項

没後の1997年、その年の優秀なミステリー・ハードボイルド小説に授与される大藪春彦賞が創設された。

私生活では、妻の龍子(「週刊スリラー」の編集者)との間に二子をもうけた。

◆ 主なシリーズ作品

◆ 伊達邦彦全集

◇ 野獣死すべし - 講談社、1958年
◇ 野獣死すべし(復讐編) - 新潮社、1960年
◇ 野獣死すべし(渡米編) - 荒地出版社、1960年
◇ 血の来訪者 - 新潮社、1961年
◇ 諜報局破壊班員 - 徳間書店、1965年
◇ 日銀ダイヤ作戦 - 光文社、1970年
◇ 不屈の野獣 - 秋田書店、1971年
◇ マンハッタン核作戦 - 光文社、1976年
◇ 優雅なる野獣 - 角川書店、1979年
◇ 野獣は甦える - 光文社、1992年
◇ 野獣は、死なず - 光文社、1995年

◆ 蘇える金狼

◇ 蘇える金狼(野望篇) - アサヒ芸能、1964年
◇ 蘇える金狼(完結篇) - アサヒ芸能、1964年

◆ 矢吹貴シリーズ

◇ 破壊指令No.1 - 光文社、1966年
◇ 偽装諜報員 - 光文社、1968年
◇ 狂った報復者 - 東京文藝社、1969年

◆ 汚れた英雄

◇ 汚れた英雄(野望篇)- 徳間書店、1967年
◇ 汚れた英雄(雌伏篇)- 徳間書店、1968年
◇ 汚れた英雄(黄金篇)- 徳間書店、1968年
◇ 汚れた英雄(完結篇)- 徳間書店、1969年

◆ 掟シリーズ

◇ 復讐の掟 - 双葉社、1967年
◇ 男の掟 - 双葉社、1969年
◇ 非情の掟 - 双葉社、1970年
◇ 骨肉の掟 - 双葉社、1972年
◇ 処刑の掟 - 双葉社、1975年
◇ 輪殺の掟 - 双葉社、1977年

◆ 西城秀夫シリーズ

◇ 東名高速に死す - 光文社、1970年
◇ 曠野に死す - 光文社、1971年
◇ 狼は暁を駆ける - 光文社、1972年
◇ 獣たちの墓標 - 祥伝社、1973年
◇ 狼は罠に向かう - 祥伝社、1973年
◇ 狼は復讐を誓う - 祥伝社、1975年
◇ 獣たちの黙示録 - 祥伝社、1982年

◆ 処刑シリーズ

◇ 処刑軍団 - 光文社、1978年
◇ 処刑戦士 - 光文社、1979年
◇ 輪殺の掟 - 双葉社、1977年

◆ 女豹シリーズ

◇ 非情の女豹 - 角川書店、1980年
◇ 女豹の掟 - 角川書店、1989年
◇ 蘇える女豹 - 角川書店、1995年

◆ ウェポン・ハンターシリーズ

◇ 戦場の狩人 - 光文社、1984年
◇ 謀略の滑走路 - 光文社、1985年
◇ 地獄からの生還 - 光文社、1986年
◇ 香港破壊作戦 - 光文社、1988年
◇ オメガ・ワン破壊指令 - 光文社、1990年
◇ アウトバーン0号作戦 - 光文社、1992年
◇ 砂漠の狩人 - 光文社、1993年

◆ アスファルトの虎(タイガー)

◇ 血と背徳の序曲 - 角川書店、1984年
◇ 死の円舞曲 - 角川書店、1985年
◇ 闇に踊る輪舞曲 - 角川書店、1986年
◇ 灼けた野望の舞踊曲 - 角川書店、1987年
◇ 猛き情熱の狂想曲 - 角川書店、1988年
◇ 静謐なる狂気の夜想曲 - 角川書店、1988年
◇ 魂の鎮魂歌 - 角川書店、1989年
◇ 幻の狂詩曲 - 角川書店、1989年
◇ 滾る肉体の受難曲 - 角川書店、1990年
◇ 熱き欲望の協奏曲 - 角川書店、1991年
◇ 栄光と狂瀾の幻想曲 - 角川書店、1992年
◇ 勝利への奏鳴曲 - 角川書店、1992年
◇ 闇と光の諧謔曲 - 角川書店、1993年
◇ 伝説への終曲 - 角川書店、1993年

◆ 映像化作品

◇ 野獣死すべし - 1959年、1980年、1997年
◇ 街が眠る時 - 1959年
◇ 暗黒街の対決 - 1960年
◇ みな殺しの歌より 拳銃よさらば! - 1960年
◇ 野獣の青春 - 1963年
◇ 探偵事務所23 - 1963年
◇ 赤い手裏剣 - 1965年
◇ 野獣都市 - 1970年
◇ 蘇える金狼 - 1979年、1998年
◇ 汚れた英雄 - 1982年
◇ 名のない男 破壊! - 1991年
◇ 凶銃ルガーP08 - 1994年
◇ 凶銃 戻り道はない - 1997年

◆ A Related Words :
大藪春彦賞/大藪春彦新人賞/大藪春彦 作品/大藪春彦 最高傑作/大藪春彦 食事/大藪春彦 晩年/大藪春彦 野獣死すべし/大藪春彦 ステーキ/大藪春彦 映画/大藪春彦 車/大藪春彦 略歴/大藪春彦 プロフィール

Mobile View / Desk Top