角野 栄子

Kadono Eiko

小説家一覧に戻る

Ver:profile_139

角野栄子の本

只今、編集中

角野 栄子(かどの えいこ)

角野栄子写真

Page Top

人物 / 略歴

角野 栄子(かどの えいこ)

本名:渡辺 栄子

東京都出身。

1935年(昭和10年)1月1日生まれ。

◆ 2017年(平成29年)末 - 82歳。

◆ 略 歴

早稲田大学教育学部英語英文学科卒業。

大学卒業後、紀伊國屋書店出版部に勤務し、一年ほどで結婚。

1960年(昭和35年)、自費移民として2年間ブラジルに滞在。

1970年、ブラジル体験をもとに描いた「ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて」で作家としてデビュー。

1985年(昭和60年)、「魔女の宅急便」を上梓。

同作は、娘のリオが中学生時に描いた魔女のイラストに着想を得て執筆された。

また、1989年(平成元年)に宮崎駿監督によりアニメ映画化された。

2014年には、清水崇監督により実写映画化された。

実写映画版では原作者である角野栄子が自らナレーションを担当した。

2000年、紫綬褒章を受章。

2014年、旭日小綬章を受章。

2018年、国際アンデルセン賞作家賞を受賞。

特記事項

神奈川県鎌倉市在住。

日本福祉大学客員教授。

5歳で生母を亡くす。

「魔女の宅急便」で、「宅急便」のタイトルが、ヤマト運輸の商標権に触れると話題になった。

◆ 受賞歴

◇ 1982年 - 第29回 産経児童出版文化賞 大賞
◇ 1984年 - 第6回 路傍の石文学賞
◇ 1984年 - 旺文社児童文学賞
◇ 1984年 - 第31回 産経児童出版文化賞
◇ 1985年 - 第23回 野間児童文芸賞
◇ 1985年 - 第34回 小学館文学賞
◇ 1986年 - IBBYオナーリスト文学賞
◇ 2000年 - 紫綬褒章
◇ 2014年 - 旭日小綬章
◇ 2016年 - 第63回 産経児童出版文化賞
◇ 2018年 - 国際アンデルセン賞作家賞

◆ 受賞作品

◇ 大どろぼうブラブラ氏 - 講談社、1981年
◇ ズボン船長さんの話 - 福音館書店、1981年
◇ わたしのママはしずかさん - 偕成社、1980年
◇ おはいんなさいえりまきに - 金の星社、1984年
◇ 魔女の宅急便 - 福音館書店、1985年
◇ トンネルの森1945 - KADOKAWA、2015年

◆ A Related Words :
角野栄子 夫/角野栄子 ワンピース/角野栄子の毎日 いろいろ/角野栄子 魔女の宅急便/角野栄子 娘/角野栄子 ハーフ/角野栄子 絵本/角野栄子 本/角野栄子 作品/角野栄子 アンデルセン賞/角野栄子 略歴/角野栄子 プロフィール

Mobile View / Desk Top